完治のために手術をする|鼠径ヘルニアの手術で病気改善【誰にでもなりやすい病】

鼠径ヘルニアを完治させるため日帰り手術を受けよう

なぜこの病気になってしまうのか?

四本足の生物の他にも二本足で歩く人間がいますが、二本足だとお腹に力が入りやすくなることから、お腹の筋肉をよく使います。筋肉の使いすぎによってお腹に負担をかけてしまい、その影響で鼠径ヘルニアになる可能性が高まるとされているのです。

鼠径ヘルニアの病気にかかりやすい人

年齢層の高い人

20代や30代などの人は筋肉が衰えておらず健康的な人が多いため鼠径ヘルニアになりにくいとされていますが、年齢層の高い50代や60代は筋肉が衰えてきていることからなりやすいといわれています。特に40歳以上の男性は要注意です。

過激な運動を繰り返している人

日常生活の中で健康面を意識して運動をするのは良いですが、身体全体に負担をかけてしまう恐れがあります。過激な運動により鼠径ヘルニアを発症する恐れがあるため、適度な運動を心がけるようにしなければならないのです。

立ち仕事をしている人

普段から立ち仕事をしている人は立ちっぱなしになるためお腹に負担をかけやすいです。また引越し業者など大きな荷物を運ぶ人は特に注意しなければならないでしょう。若い頃なら問題なくても、年齢の積み重ねによって発症しやすくなります。

完治のために手術をする

診察

完治には手術が必要となります

昔から鼠径ヘルニアの病気がありましたが、当時は縫って閉じるという方法で行なわれていました。その方法だと手術成功したとしても再発するリスクがあることからあまり有効的な手術法とは言われていませんでした。現在では医学も進歩して再発の少ない手術法を行なってくれます。

日帰り手術をすることも可能

手術時間も最短で30分と短くなっており、極力負担を少なくして手術をしていくため日帰りでの帰宅が可能です。また腹腔鏡による手術なら大きな傷をつくることなく痛みも少ないため安心して受けることができるでしょう。

手術をする前には問診を行なう

日帰り手術を希望しているなら、手術前に医師からしっかりと問診を受ける必要があります。その人の体調や鼠径ヘルニアの進行状態によっても日帰り手術が可能かどうか変わってくるので確認が必要となるのです。医師に可能かどうか調べてもらうようにしましょう。