日頃から予防を心がける|鼠径ヘルニアの手術で病気改善【誰にでもなりやすい病】

手術が必要な鼠径ヘルニアは、早めに治療をして健康体を取り戻す

早期発見・早期治療をしよう

最初はあまり症状がない鼠径ヘルニアですが、症状を放置すると腸内の組織が破壊されてしまうため切除をしなければなりません。命の危機に関わる可能性もあるため、病気治療をするためには早期治療が大切となります。

日頃から予防を心がける

お腹に触れる人

再発の危険性があるので注意する

鼠径ヘルニアを無事に手術で治療完了しても再発の可能性が少なからずあるので、再発しないためには筋トレや運動などを定期的に心がけるようにしましょう。筋力低下によって鼠径ヘルニアになりやすいため、適度に運動するのが良いです。

運動のしすぎは逆効果になる

筋力をつけたいからと身体にかなり負担をかけてしまう運動は鼠径ヘルニアを発症しやすいです。予防するためには軽いジョギングやウォーキングといった程度に留めておくようにしましょう。また外に出て運動しない方は室内でストレッチをすることでも効果が期待できます。

手術後はなるべく運動を控える

鼠径ヘルニアの手術をした後は普通に日常生活を送ることが可能ですが、運動は身体に負担をかけるのでしばらく控えるようにしましょう。手術後は2週間から3週間は激しい運動をしない方が良いといわれています。定期的に診察を受けて運動が可能かどうか医師に確認しておきましょう。

気になる症状があるならすぐ相談をする

症状が悪化すると手術も困難になるため、早めに鼠径ヘルニアの手術をすることが大切です。忙しい生活を送ってる人でも、専門クリニックによっては日帰り手術をしているので、これなら手術にあまり時間を取られることもなく安心して受けることができるでしょう。